この足跡はハクビシン?似ている害獣の特徴と自力でできる対策をご紹介

この足跡はハクビシン?

「夜中に天井や床下からガサゴソ音がして眠れない」
「最近家のどこからかちょっと嫌なニオイがするような…」

あなたは今、家の天井裏や敷地内にやってくる害獣に悩まされていませんか?

もし、自分が生活している空間の真上や足元に害獣が暮らしているとしたら…
考えただけで気持ち悪いし、一刻も早くなんとかしたいですよね

しかしなんとかしようにも、姿が見えないのにどんな動物がいるのかは分かりません

運よくシルエットや顔つきは目撃できたとしても、よほど生き物に詳しくない限り
「絶対にあの動物だ!」という確信はなかなか得られない。

だから、対策をしたくてもなかなか行動に移せない…とお困りの方も多いのではないでしょうか。

そんな中、彼らが残した足跡を見つけたあなたは、超ラッキー!

足跡は動物の特徴が現れるうえ、しっかりとその場に残る動かぬ証拠なので
害獣の正体を突き止める際に有力なヒントになるんです!

また足跡から害獣の正体が分かることでそれぞれの害獣に合わせた対策をピンポイントで実行できるので、より確実な対策を進められるんです!

今回は民家を荒らす代表的な害獣を見分けるポイントとなる足跡と生態をご紹介いたします!

さらに、近年首都圏を中心に被害が拡大している「ハクビシン」に焦点を置き
害獣を家から追い出し、寄せ付けないための対策おすすめの駆除業者をご紹介いたします!

また、後半でご紹介する害獣対策のノウハウは、ハクビシン以外の害獣にも十分に効果を発揮するので、その他の害獣に悩まされている方もぜひ参考にしてみてください。

それでは早速参りましょう!

【足跡は重要なヒント】家を荒らす害獣一覧

あなたが敷地内で見つけた足跡の正体の中で、特に可能性が高いものを5つご紹介していきます。

どの動物も家に住み着いてしまった時の被害は深刻なので、
この記事を参考に正体を突き止めたら、少しでも早く対策を始めることをおすすめします!

ハクビシン

ハクビシンについて
【全長】約100cm
【特徴】

  • 体長に対し約40cmと、体のほぼ半分を占める長いしっぽ
  • 顔の真ん中に1本白い線の模様
  • 夜行性
  • 溜めフン(フンを毎日特定の箇所にのみすること)の習性がある
  • 鼻がピンク色

雑食性ですが、特に果実やトウモロコシなど糖度の高い植物を好んで食べます。
指が5本あり、肉球は丸みを帯びているのがハクビシンの足跡の特徴です。

ハクビシンは運動神経が非常によく、その能力は電線の上をスタスタと渡っていくほど。

このように不安定な場所をいともたやすく歩いていく姿が目撃されています。
ほそ〜い場所をスタスタ走り去る動物の影を見かけたら、その正体はハクビシンでほぼ間違いないでしょう…

このように不安定な場所をいともたやすく歩いていく姿が目撃されています。

イタチ(チョウセンイタチ)

イタチについて
【全長】約20~30cm(オスは40cmに届く個体も存在する)
【特徴】

  • 全身は赤茶色
  • 口元は白く、目の周りは黒っぽい
  • 肛門線から非常に臭い分泌物を放つ
  • 凶暴で肉食性

体重が軽いため足跡が残ることは珍しいです。

ハクビシンの足と同じく指は5本ですが、手のひらの部分の肉球が小さく足跡自体の大きさも小さめなので区別がつきます。

タヌキ

タヌキについて
【全長】約50~75cm
【特徴】

  • 溜めフンの習性がある
  • 毛並みがふわふわで、全身のシルエットはまるまるとしている
  • 全身の毛は灰褐色〜黒
  • 非常に臆病な性格で

タヌキの指は4本で、足跡の形は「梅の花」にも例えられる特徴的な形をしています。

私たちに身近なネコ・イヌの足跡と形が非常によく似ていますが、ネコの足跡とは爪が出ているかどうかで区別することが可能です。(ネコは普段爪をしまっているため)

アナグマ

アナグマについて
【全長】約50~70cm
【特徴】

  • 浅く穴を掘り、その中に溜めフンをする習性がある
  • 尾が短く、足は太くがっしりしている
  • 目の周りに黒く縦に伸びた模様がある

体の大きさはタヌキとほぼ同じぐらいですが、足跡が2倍近く大きいのがアナグマの特徴です。

穴を掘るために大きく発達した足鋭く伸びた爪が、足跡にもしっかり残っています。

アライグマ

アライグマについて
【全長】約60cm
【特徴】

  • 非常に凶暴な性格で、攻撃性も高く危険
  • 尻尾にしま模様がある
  • 体は灰色に近く、茶色味が少ない

可愛い外見とは裏腹に非常に凶暴で危険なのがアライグマ。 もし見かけても近づいたりちょっかいをかけてはいけません!

指が細長く、まるで人間の手のような足の形をしており器用なのも特徴の1つです。

害獣対策はスピード勝負!正体を突き止めたらすぐに対処するべき理由2つ

害獣駆除はスピードが大切

足跡と特徴から、あなたの家や近所に現れた害獣の正体を突き止めることはできましたでしょうか?

さて続いては、害獣が何者だったのか特定できた後の対応についてご紹介いたします!

害獣対策はスピード命!
正体を特定できた今、すぐに行動に移るのが理想です。

「敷地内で一瞬見かけただけだし、放っておけばそのうちいなくならないかな?」
「今のところ実害はないし放置でいいかな?」

そんな風に考えて、あなたは害獣が「そのうちいなくなるだろう!」と油断してはいませんか?

しかし残念ながら、何も対策せずに害獣が勝手に去っていくことはほぼないでしょう…
なぜなら何も対策を施さずノータッチだと、彼らはその場所が安全で快適だと判断し、そのまま巣にしてしまうから。

ここでは、ハクビシンが屋根裏に巣を作ってしまった時に起こる恐ろしい被害をいくつかご紹介いいたします。

取り返しのつかない被害を受けてしまう前に、ぜひ一度目を通しておいてほしい内容です!

①天井裏に大量のフンと食べカス!建物の資産価値は暴落

ハクビシンなどの夜行性の哺乳類は、毎日巣の同じ場所にフンをする、いわゆる「ためフン」を行う習性があります。

それだけでなく、住み着いた屋根裏に餌を持ち込み食べかすを放置していってしまうんです。

もし敷地内でハクビシンの姿を見かけて、しばらく様子を見た2ヶ月後にいざ駆除・掃除しようと天井裏を除いたとしたら…

きっとそこには山盛りになった臭いふんと、エサとなる鳥や小動物の骨や腐敗したバラバラの遺体
たっぷり2ヶ月分、散乱しているでしょう。

さらに問題はそれだけではありません。

建物の天井裏にある断熱材はふかふかで暖かいので、ハクビシンたちは巣材として愛用します。
彼らが巣材として引っ張ってくることで、断熱材はボロボロに。

建物の機能性が低下するのはもちろん、内側が破壊されてしまうので当然家の資産価値はガクンと下がってしまいます。

溜めフンと食べカス、そして家の価値の暴落…

この2点だけでも十分、家の敷地内で見かけた害獣を放置することがいかに恐ろしいかご理解いただけると思います。

②ダニや病原菌を運んでくる

害獣はダニを運んでくる家に害獣が住み着いてしまった場合に受ける被害は、彼ら自体が悪さをするものだけではありません。

野生動物たちの体には病原菌ダニがうじゃうじゃ暮らしています。 害獣たちが建物に住み着くことで、そんな菌や虫たちまで家に移り住んできてしまうのです!

中には「害獣が運んできたダニが天井裏や壁の裏側を根城にして繁殖し、ある日コンセントの穴からブワーッ!と大量に這い出てきた」いう事例もあるほどです。

考えただけで鳥肌が立ちます…

さらに害獣と違い体の小さいダニは、隙間をくぐり抜け私たちの居住空間にもやってきます。

大量のダニがソファや布団など部屋のありとあらゆる家具に住み着いてしまったら あなた自身やご家族、そして可愛いペットの健康が脅かされてしまいます。

そんな事態はなんとしてでも避けたいところです。

このように、「ちょっと通っていっただけだから」「実害はないから」などと油断して見かけた害獣たちを放置してしまうと
数ヶ月後には後悔してもしきれないような被害が出てしまうことになります。

そうなる前に、足跡から正体を突き止めることに成功した今、早速対策に移りましょう!!

家にハクビシンが出たらどうすればいいの?

もし家にハクビシンが出たら?

もしあなたが見つけた足跡の正体がハクビシンだった場合の対策をご紹介いたします!

ハクビシンは人間が必死に探してやっと見つけられるような小さい穴からも屋根裏に侵入し、あなたの大切な家に住みつき荒らしてしまう害獣です。

深刻な実害が発生してしまう前に、ハクビシンが家に寄り付かなくなるような工夫を施しましょう!

今回は、効果的なアイテムを用いたハクビシン対策はもちろんのこと、新しくものを買わずともとりあえず実践できる対策もご用意いたしました!

また今回ご紹介する自力でできる対策はハクビシンだけでなく、タヌキやアライグマなどの家に住み着いてしまう害獣全般に共通して効果があります!

もし見つけた足跡がハクビシン以外のものだと判明した方もぜひ参考にしてみてください!

自力でできるハクビシン対策を教えて!

はじめに「業者にお願いする前に自力でできる対策」についてお話ししていきます。
自力でできるハクビシン対策は大きく分けてこの3つ。

  1. 餌になるものと隠れる場所を撤去
  2. 臭いで追い払う
  3. 穴や隙間を塞ぐ

1は、追加で道具を購入する必要がない、今すぐに試せる対策です!

それ以外の2・3は専用のアイテム購入が必要になりますが、1〜3を全て順番に行うことで、より高いハクビシン駆除効果が期待できます。

筆者はもちろん、1〜3をしっかり行うことをオススメしますが

「とりあえずお金はかけないで、できることからやってみたい」
そんな方は、ぜひ①だけでも一度お試しください!

①餌になるものと隠れる場所を撤去しハクビシンを寄せ付けない!

ハクビシン対策は様々ありますが、まずは新しいアイテムを購入しなくてもできる対策をお伝えします!

それはズバリ「餌と隠れる場所を無くすこと」!つまり、敷地内をスッキリ掃除することです。

「たったそれだけ?」と思うかもしれませんが、これこそが全ての害獣対策の基本であり
大切な手順なのです!その理由をお話ししていきます。

ハクビシンに限らず、害獣が人間の生活圏で生きていけるのは

  • 生ゴミなどの餌となる食べ物がたくさんある
  • 庭の雑草の陰などの隠れる場所がある

など、住みよい環境が整ってしまっている場所が多いからです。

特に食べ物について、袋に入れた生ゴミなどを外やベランダなど屋外に放置しておくと、ハクビシンが引き寄せられてくる一番の原因になってしまいます。

さらに、巣に戻る途中の庭や通路に背丈の高い雑草がフサフサしていたり、落ち葉が溜まっているなら、ハクビシンは大喜びであなたの家を住処にするでしょう。

ハクビシンは非常に警戒心が強いので、見通しのよい場所は避けて歩く特性があります。

そのため身を隠しながら歩けるような環境が整ってしまうと、その場を安全と判断し、しょっちゅう来るようになってしまいます。

ハクビシンにとって快適な環境を無くすため

  1. 生ゴミはすぐに撤去するか必ずゴミ箱に入れ密閉する
  2. 雑草や庭の木の枝などを刈り取り見通しをよくする

この2つを徹底して、さっそく家の掃除に取り掛かりましょう!

②ハクビシンが嫌う臭いで追い払おう!

刺激臭を放つ忌避剤で対策!「すでに家にハクビシンが住み着いている」
「巣にはなっていないがハクビシンの出入りを確認した」

そんな時は、ハクビシンが嫌う強いニオイで彼らを追い出し、寄り付かないようにする必要があります。
ハクビシンの嗅覚は非常に発達しているので、刺激臭を放つ対策グッズの効果はかなり期待できるでしょう。

今回は、市販のもので特にオススメの商品をいくつかピックアップしてご紹介いたします!

児玉兄弟商会 獣除け線香

(2020年6月5日 17:00時点のAmazonの価格)

蚊取り線香と同じ要領で、火をつけて炊いて使う商品です。

お酢と唐辛子の刺激臭で害獣全般を追い払います。
人間がうっかり煙を吸ってしまってもかなり苦しいほどの威力なので 嗅覚の発達している動物たちには堪え難いニオイでしょう…

動物全般にとって刺激のあるニオイなので、ペットのいるご家庭での使用は要注意です!

ウルフピー

(2020年6月5日 17:00時点のAmazonの価格)

ハクビシンの天敵であるオオカミの尿を利用したアイテム。
本能的に危険を感じるニオイなので、慣れてしまいそのうち戻ってくる心配もありません。

使い方は簡単!ディスペンサーにセットし、ハクビシンが通りそうな道や巣にしている場所に設置するだけです。

天然成分からできているので、農作物などの被害に悩んでいる人も土壌への影響を心配することなく使用できるのも魅力の1つ。ぜひ試してみては?

③穴や隙間を塞ぎ侵入経路を断つ!

家にいるハクビシンを強いニオイで追い出したあとは、侵入経路を塞ぐ作業が必要になります!

また、「近所でハクビシンを見かけたけれど侵入までは確認していない」という方も
これから先ハクビシンが入ってこないよう、隙間はしっかりと塞いでおくべきです!

ハクビシンは人間が入念に探しても見つけるのが難しいぐらいの、建物のちいさ〜い隙間からスルスルと家屋に侵入して屋根裏などに巣を作ってしまいます。

彼らは頭さえ穴に収まってしまえば、あとは体をくねらせあっという間に家に侵入してしまうという恐ろしい特技を持っています。

具体的にはどのぐらいの大きさの穴なら入れるかというと…

  • 直径9cmの丸い穴
  • 8cmの正方形の穴
  • 6×12cmの横長の穴
  • 11×7cmの穴

このようにハクビシンは10cmにも満たない高さや大きさの穴から、人間の住居に侵入したことが確認されています。

そこで、侵入口となる小さな隙間を塞いでハクビシンをシャットアウトするための
「パンチングメタル」と呼ばれているアイテムをご紹介します!

もしハクビシンが家へ侵入した場合は、必ずどこかに隙間があります。

なんとか隙間を探し当て、このアイテムで対策しましょう!

久宝金属製作所 ミニ アルミ板 パンチング 3φxピッチ5Px0.5x225x300mm M524

(2020年6月5日 17:00時点のAmazonの価格)

このパンチングメタルは、非常に強度が高いので、ネジやビスでしっかりと固定すれば 力の強いハクビシンでも家への侵入を許しません。

ただし一点だけ、家の隙間を塞ぐ前に知っておいてほしい注意点があります。

それは、必ずハクビシンを追い出してから隙間を塞ぐこと。

家の中にまだハクビシンがいるのにも関わらず隙間を塞いでしまうと、ハクビシンが出てこられなくなり天井裏や床下でそのまま餓死し、片付けが大変になってしまいます!

自力で対策する際は、絶対に

  1. 餌と隠れ場所を除去する
  2. ハクビシンを忌避剤で追い出す
  3. 侵入経路をふさぐ

の順番で作業を進めてください!

業者にハクビシン駆除を依頼する3つのメリット

駆除を業者に頼むメリット

①侵入口を確実に発見して塞いでくれる

ハクビシンの侵入経路を確実に塞ぐには、害獣の知識建物の知識の両方が必要になってきます。

自力の対策を紹介した際にお伝えしたように、ハクビシンは幅10cmにも満たない小さな穴からでも、グイグイ侵入してきてしまいます。

業者に依頼した場合、自力でチェックした時に発見できなかった小さなスキマも、経験・知識豊富なプロのスタッフが見つけて対策してくれるので

自力で侵入経路を塞ぐよりも確実にハクビシンをブロックすることができるんです。

②大変なフンと巣の掃除を自分でやらなくて済む

プロの業者に駆除を依頼した場合、ハクビシンが荒らした屋根裏や床下の掃除・消毒まで全て行ってくれます。

冒頭で述べたようにハクビシンは一箇所に集中して溜めフンをする上 雑食なので巣には鳥や小動物の遺体が転がっていることもしばしば…

長期間放置し残骸が溢れた空間の掃除は、大半の人は相当苦痛を感じるはず。

さらに自力での巣の掃除には、衛生的な面でのリスクも伴います。

ハクビシンに限らず、動物のフンにはたくさんの病原菌や寄生虫が溢れています。
そんな排泄物が山盛りになっている場所を自力で掃除するのは、かなり危険だと思いませんか?

業者に依頼した場合、プロが万全の装備で、人体に危険の少ない安全な薬品を用いて掃除〜消毒まで完璧に行ってくれるので安心です!

③自治体に申請が必要な捕獲・駆除を全て行ってくれる

天井裏に住みつき様々な被害をもたらすハクビシンですが、捕獲には自治体の許可が必須です。

さらにその場合、捕獲後は安易に外に離すことはできません。

自力でハクビシンを捕獲した場合、安楽死させたり深〜い山に放獣したりするなど、最後まで責任を持って適切な処分を行わなければならないのです。
しかも処分方法によっては、ほとんどの自治体で狩猟免許の提示が求められます。

このような理由から、害獣を自力で完全に駆除するのはかなりハードルが高いのが現実です…

しかし業者に依頼した場合、一般人が行うのが難しい「捕獲」「駆除」の段階まで全て行ってくれます。
自力で行うとしたらかなり辛い作業ですが、業者がそこまで請け負ってくれるなら安心ですね。

このように厄介な害獣駆除をプロの業者にお願いするのは、安全性・確実性の両方において大きなメリットがあります。
次の章では、あなたの代わりにハクビシンの駆除をしっかり行ってくれるオススメの業者を3件、ご紹介いたします!

世の中には害獣駆除の業者がたくさんありますが、この中から選んだら間違いない!というものを集めましたのでぜひ参考にしてみてくださいね!

厳選!おすすめハクビシン駆除業者3選

今回厳選した業者それぞれには、別々の強みがあります。 ぜひあなたのご希望にあう駆除業者を探してみてください!

みんなの害獣駆除屋さん

みんなの害獣駆除屋さん

https://mingaijyu.com/

【ここが違う!最大の強み】

  • 駆除後1年間の再発保証でアフターケアが充実
  • 7万件の実績
  • 自治体の条例遵守について明記

ご紹介する業者の中でも「営業時間(7:00~18:00)」「対応地域(ほぼ全国の県でに対応)」「サービスの充実度(アフターケアあり)」のメリットがバランスよく含まれているのが「みんなの害獣駆除屋さん」です。

駆除した後に1年間保証があるので安心して駆除をお願いできるのが魅力的。

せっかく安くないお金を払って駆除をお願いするんですから、確実にハクビシンを追い払いたいですよね。

これまでの駆除実績が7万件と、数が多い点からみても信頼できる業者さんです。

また公式サイトにて、害獣駆除において自治体ごとに異なる条例を遵守しながら作業を進めると明記しているのも信頼できるポイントです。

害獣駆除110番

害獣駆除110番

https://www.gaijyu-b.com/

【ここが違う!最大の強み】

    • 24時間365日無休なのでいつでもすぐ依頼できる
    • 全国対応なのでどこに住んでいても駆けつけてくれる

何と言っても24時間365日営業しているのが魅力の害獣駆除110番。
休日でも深夜でも窓口が開いているので、日中忙しい方も相談の電話をかけることができます

全国どの地域にも対応しているので、「調べてみてもなかなか地元の駆除業者を見つけられない…」という方も安心です!

ハクビシン駆除どっとこむ

ハクビシン駆除ドットコム

http://xn--pckq4era5no643dg7e.com/

【ここが違う!最大の強み】

  • ・料金が一律18000円
  • ・駆除が成功した場合にのみ支払いが発生する「成功報酬型」の支払い形式を採用

家の状況や環境によってどうしても施工費用に変動があるのが害獣駆除です。
しかしそんな中で「駆除料金は一律18000円」であるのはとってもありがたいポイントです。

ただ1つだけハクビシン駆除どっとこむのデメリットをあげるとしたら、「対応地域が関東圏のみである」ということ。

対象の地域にお住いの方はぜひハクビシン 駆除ドットコムに依頼してみては!

まとめ

今回は足跡から害獣を突き止めるためのヒントをメインに、特にハクビシンに重点を置いて対策についてご紹介させていただきました!

ハクビシンの被害をこれ以上広げないためには

  1. 餌になるものと隠れる場所を撤去
  2. 建物の穴や隙間を塞ぐ
  3. ハクビシンが嫌いなニオイを放つアイテムを使用する

以上の3点に気をつければ安心です!

もし「これ以上は自分でなんとかできない!お手上げだ」と思ったら あなたのご家族とお家、そしてあなた自身を守るためにも

すぐに業者への駆除依頼を検討していただけたら嬉しいです。

あなたに少しでも早く、害獣に脅かされることのない穏やかで平和な生活が戻ってくることを願っております!