窓枠(サッシ)から雨漏りした!原因と対策、修理の相場はいくら?

窓枠(サッシ)は破損やその他の原因によって、雨漏りが発生することがあります。

窓枠からの雨漏りが起こると、「どの部分から雨水が入り込んでいるか分からない!」「原因がわからないので修理ができない!」といった悩みが発生してしまいますよね。

この記事では、そんな窓枠の雨漏りについての3つのお悩みを解決していきます!

  • 窓枠からの雨漏りが起こる主な原因
  • 自分で行える応急処置の方法
  • 修理業者さんの選び方から費用の相場

窓枠からの雨漏り、原因は…?

窓枠を中心として雨漏りが起こっていたら、その対策を行う前にまずは雨漏りの原因を特定する必要があります。その原因の中で、主要な二つの原因、そして窓枠以外の部分に原因があるケースについて紹介していきましょう。

比較的多い2つの原因

窓枠からの雨漏りが起こる原因は多くありますが、その中でも比較的多く起こる原因は、以下の二つに分けることができます。

  1. 窓枠に使われているコーキング(シーリング)の劣化
  2. 窓枠付近の外壁のひび割れ

コーキング(シーリング)の劣化

コーキングとは、余分な隙間を埋めて防水加工を施すものです。窓枠にも、初期の取り付け段階から家の壁と窓枠との間にコーキングがなされており、それによって防水性を高めてくれています。

しかし、そんな防水性を高めてくれるコーキングですが、経年劣化等によってコーキング剤が剥がれてしまったり割れが生じたりすることがあります。その剥がれや割れなどの破損部位に雨が入り込み、結果として雨漏りしてしまうんですね。

コーキングは寿命が10年ほどと言われており、その土地の気候等によっては10年を待たずとも劣化による破損が起こる可能性があります。ですのでコーキングを施工してから10年が経過しているような家屋であれば、窓枠からの雨漏りにより注意をしておかなければなりません。

外壁のひび割れ

家の外壁は、その素材にもよりますが、地震による大きな揺れや乾燥による外壁素材の収縮などによって、亀裂が生じてしまいます。

特に、窓枠がはめ込まれている部分は、その四つの角部分の外壁が弱い傾向があります。そして窓枠近くの外壁にできた亀裂は隙間を作り出すため、そこから雨が入り込んで雨漏りになるのです。

亀裂によって割れてしまった外壁の部位が窓枠に近い場所であれば、あたかも窓枠から雨漏りをしているように見えてしまうことがあります。

窓枠から雨漏りがしているように見えても、その周辺の外壁にひび割れなどの異常が無いか観察をしてみてください。小さなひび割れでも、十分雨漏りをする可能性があります。

もしかすると目につかなかっただけで、じっくりと確認してみると、外壁が割れているのを見つけられるかもしれません。

原因は窓枠近くだけにあるのではない!

窓枠からの雨漏りは、もしかすると窓枠付近にその原因が無いことも少なくありません。というのも、窓枠から離れた場所の雨漏りでも、あたかも窓枠から雨漏りをしているように見えることがあるからです。

下屋のひび割れ

窓枠から離れた場所に雨漏りの原因があるケースとして一番目に挙げられるのが、窓の上にある屋根のひび割れです。

住宅には、下屋と呼ばれる壁から出た屋根が設置されているものも多くあります。この下屋が窓の上に位置しており、その下屋の部分でひび割れが生じている場合、そこから雨水が染み出してきて窓枠まで伝ってくる可能性があります。

換気扇からの吹き込み

次に雨漏りの原因として挙げられるのが、窓の上の換気扇から雨水が吹き込んでしまうというケースです。

通常、換気扇は外側から雨水が入らないように防水対策がなされています。しかし、台風などの暴風雨であれば、その防水対策を乗り越えて換気扇を通過して雨水が家屋に入り込むことがあります。その雨水が窓枠まで流れていき、雨漏りがしたような状態に見えるのです。

窓枠の真上を通る配管の破損

住宅によっては、壁の中や床を水が流れる配管が通っていることがあります。その場合、窓枠上の配管が破損してしまい、水が溢れ出て窓枠まで伝って、窓からの雨漏りのように見えることがあるのです。

配管の破損による漏水は原因を特定しにくいため、原因不明で片付けてしまわないようにすることが気をつけるべきポイントとなります。

自分で原因を見つけるのは難しい…!

このように、窓枠からの雨漏りはその近辺だけではなく、窓枠から離れた場所から起こっていることもあります。

そのため、雨漏りが見て取れる部分(雨水の出口)は見つけられても、雨漏りが発生する原因(雨水の入り口部分)を自分だけの力で見つけるのはかなり難しいです。

このような原因特定の難しさから、雨漏りの対処として雨水の出口部分だけを塞いで対策を終了してしまいがちです。しかし、出口部分だけを塞いで雨水の屋内への侵入を止められたとしても、原因を特定できずに対処せずにいるのは絶対に避けましょう

雨水の入り口を塞がず、出口のみを塞いでしまった場合、雨水は出て行く経路を失ってしまうのでそのまま建物の中に溜まったままの状態になります。そうすると雨水が壁などに徐々に浸透していき、湿度が上がってカビの繁殖の原因になったり、シミなどの汚れを作ったりします。

特にカビが発生してしまうと、衛生環境が悪くなってしまうだけではなく、家の素材が腐食していく可能性もあるので、要注意です…!

窓枠で雨漏りを確認した場合、出口と入り口の両方にアプローチをしなければ、完全な対処はできません。

しっかりと原因を特定した上で、雨水の入り口と出口を塞ぎ、建物が雨水による被害を受け無いような対処を取るように心がけてください。

「自分では特定できそうにない…!」という方は、雨漏りの専門家に見てもらうことも検討を。

散水調査(水を実際にかける調査)で雨漏りを再現して、原因をしっかりと把握し伝えてくれます。
例として「みんなの雨漏り屋さん」などは、現地調査が無料、直したいところだけのピンポイント修理も行っているので費用面も安心してお願いできます。

【応急処置】自分でできる窓枠の雨漏り対策

もしも窓枠から雨漏りが発生したら、まずは家の中に雨水が侵入してくるのを防ぎましょう。その代表的な方法として、吸水シート防水テープ、そしてコーキング剤を用いたものがあります。雨漏りの状態に応じて、適切なものを選択し対応を行ってください。

ただし自分でできる対策は、あくまでも雨漏りの出口部分を塞ぐものです。そのため一時的な応急処置に過ぎないという点に注意しておいてください。以下の対策で急場を凌ぐことができれば、できるだけ早く専門業者等に確実な修理を依頼しましょう。

吸水シート

急な窓枠からの雨漏りにも即座に対応できる方法として、吸水シートを活用した対策があります。吸水シートとは、水を吸って保持する性質があるポリマーなどの化学製品を用いて作られたものであり、見た目の何倍もの水分吸収力を持ちます。

窓枠への雨漏りに便利な吸水シートとしては、アイリスオーヤマの使い捨て吸油・吸水シートがおすすめです。薄いシートですが吸水力は高く、シートの広さも縦幅24cm・横幅33cmと大判であるため、雨漏りをしている部分をしっかりと広くカバーすることができます。

アイリスオーヤマ 使い捨て吸水吸油シート 105枚 KKS-105
価格 ¥1,622
(2019年6月28日 11:50時点のAmazonの価格)

吸水シートの使い方は簡単で、雨漏りが起こりやすい窓枠のレールやコーキング部分に直接シートを貼り付けて置いておくだけで構いません。

雨漏りの原因箇所が不明な場合でも、雨水が目立つ部分にこのシートを設置しておくだけでも、吸水・防水効果を発揮してくれます。上記製品は使い捨てなので、雨が落ち着けばそのままゴミ箱へ捨てれば、後片付けも楽々できます。

また、窓枠からの雨漏りが急に発生して、吸水シートを用意する暇が無いということもあると思います。そのような時は、簡易的な窓枠の雨漏り対策としてダンボールが吸水シートの代用品として役立ってくれます。

ダンボールの使い方としては、窓枠のレールの長さに合わせて調節し、そのレールに差し込んでいくだけです。できるだけ隙間なく詰めて差し込むのが、効果を高めるポイントとなります。これによって、ダンボールが水分を吸い上げてくれるので、雨水が家の中に侵入するのを防ぐことが可能です。

ただしダンボールは吸水シートに比べて吸水性が低いので、雨水の量が多いような場合は早急に次の対策を取るか、ダンボールを定期的に交換して吸水性を維持するなどの段取りをしておきましょう。

防水テープ

窓枠で雨漏りが起こっている場合、防水テープを使った応急処置も効果的です。防水テープは粘着性のある耐水加工がなされたテープであり、それを貼り付けることによって雨水が隙間から入り込むのをガードしてくれます。

防水テープの中では、光洋化学の「エースクロス」が薄くて貼り付けやすく、高い防水効果を持っているので使いやすいです。耐久性や耐熱性があるため、ある程度継続して取り付けておけることや、屋内だけではなく屋外でも使用できるという特徴もあります。

【防水テープの使用方法】

  1. 防水テープを貼り付ける部分を雑巾等で拭き、ゴミや汚れの付着を落としましょう。
  2. 雨漏りをしている窓枠の隙間を覆うようにして貼り付けていきます。

<ここでポイント>

まずは窓枠の底辺の端から端まで防水テープを貼り、次に左右の縦の枠、最後に上の枠に貼るという順番を守ってください。そして、前に貼ったテープの端に重ねるようにして次のテープを貼り付けていくのがポイントです。

防水テープの効果を高めるためには、手で簡単に貼り付けるだけではなく、ヘラなどの専用器具を用いてしっかりと密着させることが大切です。

特に窓枠の端と端は防水テープが浮き上がる可能性が高いので、念入りにテープをつけることを意識して下さい。また、その他の箇所についても、テープに浮きやシワができると防水効果が下がってしまうので、綺麗に貼り付けるようにしましょう。

コーキング剤

窓枠の雨漏りの原因に多い、コーキングの劣化。その劣化部分を直接コーキング剤を注入することで修理するのが、この方法です。その解説に入る前に、コーキング剤を確実に扱うには高い技術力と知識が必要であることから、一般の方が行った場合は失敗するリスクが高いという点を理解しておいてください。

まず、窓枠に使用するのに適したコーキング剤を用意しましょう。窓枠に使用できるコーキング剤は多いですが、その中でもセメダイン POSシール 変成シリコーンシーラントがコスト面でもおすすめできます。

セメダイン POSシール 変成シリコーンシーラント 333ml ホワイト 1本
価格 ¥674
(2019年6月28日 11:50時点のAmazonの価格)

 

このコーキング剤は、防水性はもちろんのこと、150度までの耐熱性・マイナス45度までの耐寒性も備えています。ですので、高温・低温になりがちな金属製の窓枠への使用が可能です。

そしてメインのコーキング剤に加えて、下地剤として使うプライマーについても用意をしておきましょう。上記のセメダインが出しているシリコーンシーラントを使用する場合、同じセメダインから出ているシリコーンプライマーD3(250g、税別価格1800円)が適しています。

シリコーンプライマーは、シリコーンシーラント同様に金属製の素材に効果があるので、窓枠にも十分使用することができます。

次に、コーキング剤の使用方法についてです。コーキング剤を使った修理には、古いコーキングを取り去って全て新しいコーキング剤を入れる打ち替え工法と、古いコーキングの上から新しいコーキング処理を行う打ち増し工法の二つがあります。

窓枠に施されているコーキングの場合は、下手に打ち替えをしてしまうと、防水加工などを傷つけてしまう可能性があります。ですので、個人でコーキング処理を行うのであれば、打ち替えではなく打ち増し工法を行うようにしてください。

【窓枠のコーキング修理の方法】

  1. マスキングテープをコーキング部分以外に貼り付け、余計なコーキング剤が付かないように保護します。
  2. プライマーと呼ばれる下地剤を塗り、その上にコーキング剤を注入していきます。
  3. 仕上げにコーキング剤をヘラなどで均等に伸ばし、マスキングテープを剥がします。
  4. しっかりと24時間乾かして完了です(2〜3時間で表面は固まりますが、中が乾くまで時間がかかります)。

失敗しないための注意点として、コーキング剤を注入する際は下の部位から上の部位に向かって行うこと、そしてコーキングの中に空洞ができないようにすることが挙げられます。これらを正確に行わないと、コーキングに隙間ができます。

コーキング処理が不十分で、隙間ができてしまうと、当然ながら雨水を通してしまいます。そうなるとコーキング修理を行った意味がなくなるので、気をつけてください。

「作業工程を細かく画像つきでチェックしたい!」という方は、こちらの記事もあわせてチェックしてみてくださいね。

「【DIY初心者がやってみた】自分でできる雨漏り応急処置&対策グッズ紹介!」へ

業者に修理を頼む場合

雨漏りをしている窓枠について、応急処置を行った後で、必ず専門の修理業者に修理を依頼することが重要なポイントです。しかし、業者に修理を依頼するためには、「どのような業者を選ぶべきなんだろう…。」と悩まれる方も多くいます。

修理を頼む業者の選別をする上で参考になるように、どのような種類の業者を選ぶべきか、そして気になる修理費用の相場をご紹介したいと思います。

頼むのはサッシ屋?雨漏りの専門業者?

修理をどこに頼むかとなると、「サッシから雨漏りしているんだから、とりあえず頼むべきはサッシ屋さんなのかな?」と思う方も多いと思います。

ですが結論からお伝えすると、窓枠からの雨漏りは、雨漏り修理の専門業者に依頼するべきということが答えになります。その理由として、サッシ屋の場合は窓枠以外の部分の専門性が低いという点が挙げられます。

先述した通り、窓枠の雨漏りの中にはその原因箇所が窓枠ではないケースがあります。

サッシ屋に作業を依頼した場合、窓枠以外の部分についての確認が十分に行われません。すると、雨漏りの直接的な原因部位ではない部分をコーキング処理するだけで、根本的な修理ができず、しばらくしてすぐに雨漏りが再発するというトラブルが起こってしまいます。

また、原因を特定できずに行われるコーキング処理だと、出口部分だけを防ぐような修理になる可能性が高いです。窓枠の雨漏りは入り口と出口の両方に対処することが重要なので、出口部分の修理のみとなると、カビやシミを発生させる元凶にもなりかねません。

雨漏りの直接的な原因が窓枠ではなく外壁のヒビ割れであった場合、根本的な修理をするにあたってそこをコーキング処理するのではなく、外壁そのものを取り外して修理を行わなければならないこともあります。

下屋などの屋根についても、瓦や屋根材を除去して修理するようになりますし、換気扇や配管の破損による雨漏りの場合もそれに応じた対策を取ることも必要です。

サッシ屋では、これらの窓枠以外の原因箇所について、根本的な修理を行う技術を持っていないことが多いです。

それらの点で、雨漏りの専門業者であれば、窓枠からの雨漏りだけではなく、その他の部分からの雨漏りについても高い見識と対応力を持っています。原因を正確に特定し、その原因箇所に応じたオールマイティな対処法で修理を行ってくれますし、さらにアフターフォローも十分に行ってくれるという三拍子が揃っています。

確実性の高い修理を行ってくれる点からも、雨漏りを見つけた時は、迷わずに雨漏りの専門業者へ連絡するようにしましょう。

▶雨漏り専門業者の例:「みんなの雨漏り修理屋さん

みんなの雨漏り駆除屋さんHP

窓枠の雨漏り、修理の相場はいくら?

雨漏り修理を依頼する業者が決まったとして、次に気にかかるのがその修理にかかってくる費用の面です。あまりに高い費用を支払わなくてもいいように、逆に安すぎて作業内容が十分ではない業者を選ばないようにするために、修理に必要な費用の相場について知っておくようにしましょう。

最初に、窓枠の雨漏りの修理費用は、その原因によって大きく変わってくるという点を意識しておいてください。

これまでの内容でも触れてきましたが、窓枠からの雨漏りは色々な原因によって起こっています。その原因の箇所によって、必然的に費用が高くなったり安くなったりするからです。

まず事例が多い、窓枠のコーキングの劣化による雨漏りについてです。この場合、コーキング補修を行うため、窓枠1枚から2枚あたり修理で計算すると、人件費や材料費を含めて3万円前後が相場となります。

修理を行う窓枠が多い場合などは、1m単位での費用の計算となることが多く、打ち替えの修理ならば1mあたり1000円前後で請け負ってくれる傾向があります。

次に、もう一つの比較的事例が多い原因である、外壁の破損による窓枠の雨漏りの費用相場です。外壁の場合は、破損の程度によって費用が変動してきます。

外壁のコーキング部分の破損であれば、窓枠のコーキングと同様に、打ち替える処理に対して1mあたり1000円前後の費用で対応してくれます。破損の程度が大きく、外壁を張り替えるようならば、トータルで概ね30万円以上の費用はかかると見込んでおきましょう。

さらに上記の作業料金に加えて、足場を設置する必要性があればその設置費用として15万円以上の追加が必要になることもあります。

窓枠の雨漏りはコーキングの劣化や外壁の破損以外の原因もあり、それらに対する修理に関しても費用計算が異なります。それに足場の有無やその他の追加費用なども発生するので、修理費用は対象となる雨漏りの原因・場所・程度によって大幅に変動すると考えて良いでしょう。

そのため、専門業者に直接連絡をして、具体的な見積もりを取ってもらうことも大切です。

見積もりで算出された修理費用の額が適正なものかどうかは、今回ご紹介した費用の相場と照らし合わせて確認していただくことで、ある程度の判断は可能です。

また、複数の専門業者に相見積もりを依頼したり、見積額について適切かどうか専門業者が答えてくれるインターネットの掲示板などで質問したりすることも、判断がしやすくなるのでおすすめです。

まとめ

窓枠からの雨漏りで、知っておくべき知識や対策方法は以下の通りです。

  • コーキングの劣化や外壁の破損という主な原因から、窓枠の雨漏りは発生する。
  • 屋根・換気扇・配管など、窓枠から離れた部分が原因となって起こる雨漏りもある。
  • 吸水シート、ダンボール、防水テープ、コーキング剤を使って応急処置ができる。ただし、確実な修理をするためには、雨漏り専門業者に修理をしてもらう必要がある。

窓枠からの雨漏りは原因の特定が難しいことや、その原因箇所によってはオールマイティに対策を打たなければならない点など、その修理はとても難易度が高いです。

ですので背伸びはせずに個人で行える範囲での応急処置をしっかりと行い、その後に信頼できる雨漏り専門業者を見つけて、根本的な雨漏り修理を行うための力を借りてください。

応急処置が十分に行えており、専門業者にスムーズに修理をしてもらうことができれば、窓枠からの雨漏りはそれほど重症化することなく改善させることができます。